会社情報

沿革
History

1964年
トヨタ自動車様にてガスタービンプロジェクト発足
1970年
センチュリーにガスタービンバッテリーハイブリッドシステムを搭載
1972年
トヨタスポーツ800にガスタービンバッテリーハイブリッドシステムを搭載
1987年
第27回東京モーターショーにガスタービンエンジン乗用車を出展
定格出力130PSでありながら、レシプロエンジンと同等以上の加速性を実現。
1990年 大型バスにガスタービン搭載33,000km完走
1995年
産業用ガスタービン開発
車載用ガスタービンを産業用定置型ガスタービンへ転用。
1998年 トヨタタービンアンドシステム設立
2000年 マイクロガスタービンコージェネレーションシステム販売開始
2005年
愛・地球博へエネルギー供給
NEDO技術開発機構からの委託でMCFCとのハイブリッドシステムにより愛・地球博会場へエネルギー供給。
2006年 移動電源車販売開始
2009年 太陽光発電システム販売開始
2010年 大型ヒートポンプ空調機販売開始
2011年 資源循環型ものづくりシンポジウム事例研究発表会において
「CO2削減と生産体制の変化に対応できる工場空調システムの開発」が最優秀賞を受賞
2013年 エネルギーマネジメントシステム(エコアイテム)の販売開始
電力小売事業を開始
2018年 トヨタエナジーソリューションズに社名を変更

© TOYOTA ENERGY SOLUTIONS INC. All Rights Reserved.