会社情報
ホーム会社情報>トヨタエナジーの目指す姿

トヨタエナジーの目指す姿
Vision

「CO2排出ゼロ社会」を目指した、エネルギー・ソリューションを

1960年代初頭。軽量・コンパクト、低エミッションという特性に着目し、ガスタービンプロジェクトを発足したトヨタ自動車。その後さまざまな技術を結集し、トヨタスポーツ800ガスタービンバッテリーハイブリッドカーの開発を通じて、最先端のマイクロガスタービンエンジンを完成させました。
そして1998年。トヨタグループにおけるタービン技術の中核を担う企業として誕生したのがトヨタタービンアンドシステムです。
創業以降も時代に先駆ける開発を続け、プリウスからは蓄電池をはじめとするエネルギーマネジメント製品を、MIRAIからはFCユニットを活用した定置型FC発電機への転用に着手してまいりました。
誕生から20年を経た、2018年-。
当社はトヨタエナジーソリューションズに生まれ変わりました。
目指すのは、CO2排出ゼロ社会の実現。
これまで培ってきた技術をより発展させるエネルギーソリューション会社として、さらに前進してまいります。

© TOYOTA ENERGY SOLUTIONS INC. All Rights Reserved.