事業紹介
ホーム事業紹介>燃料電池

燃料電池
Fuel cell

MIRAIの燃料電池システムを活用した定置式FC発電機により
水素社会の実現に貢献

発電の過程でCO2を排出しない定置式FC発電機を トヨタ自動車様の燃料電池自動車(FCV) MIRAIの 燃料電池システムを活用して開発しました。
水素を燃料とするFC発電機は、化学工場で発生する 副生水素や、FCV製造ラインの水素タンク試験後に 放出される水素など、未利用のエネルギーを有効活用 できる発電機としても期待できます。 

FC発電機 初号機(100kW級)

燃料電池バスのFCシステムを活用して、定置式として 初めて開発したFC発電機。トヨタ自動車様の本社工場で実証運転を行っております。 

FC発電機 2号機(50kW級)

2020年6月より、株式会社トクヤマ様の徳山製造所にて、苛性ソーダを製造する時に副次的に発生する副生水素をFC発電機の 燃料として活用する実証運転を開始しました。

バイナリー

自動車部品を流用し、工場排熱の未利用エネルギーから電力を生み出すバイナリ―発電機の開発を行っています。
将来CO2排出ゼロ社会の実現に貢献します。

© TOYOTA ENERGY SOLUTIONS INC. All Rights Reserved.